学術ニュース  2016年10月05日 18:06

■ゴルフ・日大オープン OB44人が参加 部員らと交流も

プロゴルファーとの交流を通じて本学ゴルフ部員のレベル向上を図る「日本大学オープン」の2回目が8月1日、埼玉県嵐山町の嵐山カントリークラブで開催された。

リオデジャネイロ五輪のゴルフ日本代表ヘッドコーチを務めた丸山茂樹プロ(46歳、1988年経済入学=セガサミー)らOBプロ44人が参加。プロ1人、部員・ジュニア選手1人、本学ゆかりのゲスト2人の4人1組による団体戦(18ホール)でベストボールを争い、15アンダーの芹沢大介プロ(51歳、87年経済卒)チームが優勝した。
 ラウンド中にプロ選手が部員やジュニア選手の質問に身ぶり手ぶりで答える姿も見られた。
 今回、62年から40年間同部を率いた故竹田昭夫監督(2002年死去)を顕彰する「竹田メモリアルカップ」を新設。部員・ジュニア選手の中で、4アンダーの最高スコアを出した星野杏奈さん(東京・堀越学園高3)が初代受賞者となった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.