サークルニュース  2016年08月05日 15:42

■法 土屋さん一輪車世界走破へ 来春まで1万㌔の旅

 法学部新聞学科4年の土屋柊一郎さんが7月26日、一輪車での世界一周に向け日本を出発した。

 タイをスタートして東南アジア、欧州、南北アメリカなどを回り、1万㌔走破を目指す。2016年度は休学し来年3月の帰国を予定している。
 土屋さんは一昨年、54日間かけて一輪車とヒッチハイクによる日本一周を達成。友人から「次は世界一周にも挑戦したらどうだ」と言われ、決意した。
 旅行会社が昨年開催した「世界一周コンテストDREAM」で、一輪車による世界一周企画をプレゼンテーションし最優秀プレゼンターに選ばれ航空券(約50万円相当)を獲得。さらに、ことしの5~6月にクラウドファンディングを利用し資金を募るなどして、航空券代以外に約80万円を集めた。
 世界一周では、未舗装路や急な山道にも耐えられるよう、タイヤを太くし、サドルにブレーキレバーを付けた特別仕様の一輪車に乗る。安全を考えて国境は飛行機で越え、夜は野宿をなるべく避けホテルに泊まる。
 土屋さんは日本をたつに当たって「テロ問題などの不安もあるが、しっかりと旅を楽しみたい」と話した。

 一輪車者.JPG
      出発前に空港でポーズをとる土屋さん

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.