スポーツニュース  2016年08月05日 15:25

■日米大学野球 京田が全試合に出場 5試合無失策

 第40回日米大学野球選手権は7月12日から17日まで東京都新宿区の神宮球場などで行われ、日本代表が5戦3勝して優勝を決めた。

 本学の京田陽太(法4=青森山田高)は全試合に遊撃手として出場し、優勝に貢献した。
 京田は米国人投手の手元で小さく変化するボールに苦しんだものの、第2戦の0―0で迎えた無死三塁の好機に決勝の中前適時打を放つなど通算3打点を挙げた。さらに、5試合で失策はゼロと持ち前の守備でも輝いた。
 京田は「米国人投手と対戦でき、日本人選手からは技術論を聞けた。この経験を今後に生かしたい」と話した。
 
 野球(差し替え).JPG
  神宮球場で軽快な守備を見せる京田 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.