スポーツニュース  2016年07月21日 19:55

■女子相撲 全国学生 個人松尾、兼平が連覇 団体は準優勝V17ならず

 女子相撲の全国学生選手権(インカレ)は7月3日、東京都世田谷区の本学八幡山総合体育館で開かれ、個人戦では軽量級の松尾清香(さやか)(文理3=熊本・文徳高)と中量級の兼平志織(同=青森・鯵ケ沢高)が連覇。

 団体戦は準優勝に終わり16年続いた連覇記録が途絶えた。
 団体戦は総当り方式で行われ、本学Aチームは順調に勝利を重ね、同点で立命大戦との決勝に臨んだ。
 立命大戦は先ぽうの松尾が相手エースの野崎舞夏星(2)に押し倒されたが、中堅の鳥井本聖奈(せな)(スポーツ科1=埼玉栄高)が寄り切りで勝利。同点のまま大将戦に入った。
 大将の兼平は体格差のある稲葉映美(4)との力相撲の末に押し倒されて、準優勝。連覇は16で途絶えた。
 個人戦軽量級で松尾は、団体戦で苦杯をなめた野崎を押し倒すなど力戦の末に優勝、中量級の兼平も勢いのある相撲で連覇を勝ち取った。
 兼平の話 各選手とも精神的な弱さが今回の結果を招いた。来年のインカレでは雪辱を果たせるよう部員全員で懸命に稽古したい。

 【その他の結果】
 ▽団体戦③本学B▽軽量級③宮崎志保(法4=東京・藤村女子高)▽中量級②菊池優貴乃(芸術4=静岡学園高)▽重量級②鳥井本▽無差別級②兼平③松尾、鳥井本
 
 女子相撲 試合.JPG
 兼平も無差別級で立命大エースの野崎を破った

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.