スポーツニュース  2016年07月21日 19:51

■柔道 全日本学生優勝 東海大に敗れ準優勝 優秀選手賞に田中、佐藤

 柔道の全日本学生優勝大会が6月25、26の両日に東京・九段の日本武道館で行われ、本学男子は準優勝だった。

 優秀選手賞に田中颯(りゅう)(文理4=千葉・木更津総合高)と佐藤和哉(法3=静岡学園高)が選ばれた。女子は初戦敗退。
 男子は準々決勝で日体大を3―1で下し、準決勝で前回王者の筑波大と対戦した。先ぽうから五将までが引き分け、0―0で迎えた中堅戦は主将の安達裕助(文理4=北海道・北海高)が横四方固めで一本勝ち。勢いに乗った三将の田中は開始3分半過ぎに大外刈りで一本勝ちし、2―1で決勝に駒を進めた。
 東海大との決勝は、先ぽうが敗れ、次ほうが引き分けて0―1。五将戦では田中が主導権を握り足技などで果敢に攻め、開始3分半過ぎまでに指導を四つ与えて勝利したが、三将、副将がいずれも一本負け。1―3で敗退し19年ぶりの優勝を逃した。
 金野潤監督の話 決勝戦の後半はポイントを取るべき場面で取れなかった。スター選手がいない中、全員が決勝までよく頑張った。

 柔道 組合.JPG
      優秀選手賞に選ばれた佐藤(右)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.