スポーツニュース  2016年07月21日 19:44

■駅伝 全日本大学予選会 2位で出場権獲得 ワンブイが全体トップ

 11月の全日本大学駅伝対校選手権の関東予選会が6月18日にさいたま市の駒場運動公園陸上競技場で行われ、各校8人が1万㍍を2人ずつ走り合計タイムを競った。

 本学は20校中2位となり、上位9校に与えられる出場権を獲得した。
 個別タイムでは2組の加藤拓海(生物資源科2=千葉・成田高)が31分2秒86の4位、3組の川口賢人(経済3=長野・佐久長聖高)が30分23秒68の8位と奮闘。3組目終了時点で本学は総合8位とした。
 各大学のエースがそろう最終4組にはパトリック・マゼンゲ・ワンブイ(文理2=ケニア・エリート高)と石川颯真(そうま)(同4=佐野日大高)が出場。ワンブイは序盤から山梨学院大のドミニク・ニャイロ(2)とレースをけん引。ラスト200㍍のスプリント勝負で前にいたニャイロを追い抜き28分45秒84の全体トップでゴールした。石川も29分39秒51で12位に入った。合計タイムは1位の山梨学院大と1分55秒差の4時間5分20秒92だった。
 
 駅伝 和いい部位.JPG
ラスト200㍍でトップに立ったワンブイ

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.