スポーツニュース  2016年07月21日 19:33

■アメフット 大学世界 本学勢10人選出 3位入賞に貢献

 アメリカンフットボールの大学世界選手権が6月1日から11日までメキシコのモンテレイで行われ、本学勢はディフェンスバックの米田亮太(文理3=兵庫・報徳学園高)ら10人が日本代表に選出され、3位入賞に貢献した。

 優勝はメキシコ、2位は米国。
 同大会は日本、メキシコ、米国、中国、グアテマラの5カ国が参加しリーグ戦方式で行われた。
 全試合で先発した米田は、ディフェンスの要として活躍。日本代表チームはグアテマラ、中国に勝利したが、米国には第4Q終了間際に逆転され14―22で敗退。中一日で臨んだメキシコにも3―36で敗れた。
 米田は「技術が劣っているとは感じなかった。目指すプレーの基準はさらに高くなった」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.