サークルニュース  2016年07月21日 19:11

■音楽サークル3団体 都内で相次ぎ演奏会開く

 本学の音楽サークル3団体が6月下旬に相次いで演奏会を行った。

 管弦楽団(桑原寛昭団長=理工・数3)は17日、練馬区の練馬文化センター大ホールで定期演奏会を開催した。シベリウスの交響詩「フィンランディア」やドリーブのバレエ音楽「コッペリア」、ベートーベンの交響曲第7番の3曲を披露した。
 桑原団長は「今回の演奏を超えられるよう、今後も練習に励みたい」と話した。
 合唱団(久野雅弘代表=経済・経済3)は25日、新宿区の新宿文化センター大ホールで東京大、東京外語大、東京家政大との合同グループ「遊声」の定期演奏会を開いた。本学は単独で混声合唱アルバム「なんとなく・青空」から3曲、4大学合同で混声合唱組曲「幼年連祷(れんとう)」から5曲を披露した。アンコールでは合唱曲「栞(しおり)」を歌い、締めくくった。
 久野代表は「ことしは47人と例年より多くの団員が出演したので、声の層が厚くなり良かった」と話した。
 リズム・ソサエティ・オーケストラ(中村一哉バンドマスター=同・産業経営4)は25日、港区の新橋ヤクルトホールで「4 BIG BAND CONCERT」を開催。リズム・Sのほかに経済、生産工、生物資源科学部の3バンドが出演した。リズム・Sは「Veneros」など3曲を披露した。

 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.