スポーツニュース  2016年06月17日 21:30

■馬術 関東学生関東学生女子 女子は渡辺が初制覇 障害で苦戦も馬場で高得点    

 馬術の関東学生選手権と関東学生女子選手権が5月20日から22日まで東京都世田谷区の馬事公苑で行われ、関東学生女子では渡辺瑞生(生物資源科3=三重・津田学園高)が優勝、大岩桃子(同2=東京・聖パウロ学園高)が4位に入った。

 関東学生は菅原権太郎(同4=岩手・水沢農高)の4位が最高だった。
 同選手権は2回戦までは自校の馬、3回戦からは自校・対戦相手校以外の馬に乗り、1回戦は障害、2回戦は部班、3回戦は馬場、準々決勝からは馬場と障害の2種目の合計得点で争った。
 渡辺は決勝で専大1年の辻本芽以と対戦、馬場では418・5点を出して2点リードした。障害では両者とも乗馬に2回反抗されて失格となり、渡辺が馬場種目のリードを守った。
 渡辺の話 慣れていない他大の馬に乗るのは難しい。どんな馬にも対応できる力を付けたい。

 馬術.JPG
        馬場でリードを奪った渡辺

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.