スポーツニュース  2016年05月27日 14:02

■空手 東日本大学  女子団体で3位男子2回戦敗退

 空手の東日本大学選手権が5月5日に東京・九段の日本武道館で行われ、本学は女子団体組手で3位に入賞した。 

 男子は2回戦敗退に終わった。
 1回戦で東北福祉大を下した女子は2回戦で東大に快勝。東洋大との3回戦は、先ぽうの盛一愛華(文理2=石川・小松大谷高)が2―0で勝利した後に中堅が引き分けた。大将の松本真穂(同3=東大阪大敬愛高)が冷静に試合を運び2勝0敗1引き分けで勝利した。準決勝の相手は7連覇中の帝京大。先ぽうの盛一と中堅の藤沼奈那(同4=茨城・東洋大付牛久高)がいずれも敗退し、3位を駒大と分け合った。
 5人制の男子1回戦は全員がストレート勝ちしたが、法大との2回戦は、先ぽうの桜井勇作(経済4=愛知・東邦高)が6―1で勝利した後、次ほうが敗退。中堅が2―1で勝ち、2勝1敗としたが、後の2人が続かなかった。
 藤沼は「強豪、帝京を相手に萎縮してしまい、力を出し切れなかった」と話した。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.