校友・付属校ニュース  2016年05月26日 21:45

■続々リオ五輪代表 原沢ら3人初の出場決める

 柔道100㌔超級の原沢久喜(23歳、2015年法卒=日本中央競馬会)とバドミントンの早川賢一(30歳、09年法卒=日本ユニシス)、数野健太(30歳、08年法卒=同)の本学出身者3人がこのほど、リオデジャネイロ五輪代表に選出された。

 いずれも五輪代表は初。
 原沢は昨年の全日本選手権優勝をはじめ国際大会で7連勝を果たした。男子ダブルスで出場する早川は昨年の世界選手権で3位に入賞、ミックスダブルスで出場する数野は昨年の全日本総合選手権で優勝した。
 【既に代表入りした本学勢】▽競歩 男子50㌔ 谷井孝行(33歳、05年文理卒=自衛隊)▽競泳 男子800㍍リレー 小堀勇気(22歳、16年法卒=ミズノ) 女子200㍍個人メドレー 寺村美穂(文理4・セントラルスポーツ=千葉商大付高)▽シンクロナイズドスイミング 三井梨紗子(大学院文学研究科博士前期課程1=東京シンクロ)▽自転車 男子オムニアム 窪木一茂(26歳、12年文理卒=NIPPOビニファンティニ)▽セーリング 女子470級 吉田(旧姓、近藤)愛(35歳、03年生物資源科卒=ベネッセ) 女子49erFX級 宮川(旧姓、平井)恵子(29歳、09年法卒=和歌山セーリングクラブ)▽フェンシング 女子サーブル個人 青木千佳(26歳、12年商卒=ネクサス)【パラリンピック代表】▽水泳 木村敬一(25歳、15年大学院文学研究科博士前期課程修了=東京ガス)
 (いずれも5月18日判明分)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.