校友・付属校ニュース  2016年04月25日 21:11

■東北高 合唱愛好会 声楽コンテスト総合2位 本選初進出で快挙

 第9回声楽アンサンブルコンテスト全国大会(福島県など主催)が3月18日から21日までの4日間、福島市音楽堂で開催され、初の本選進出を果たした東北高合唱愛好会(増子菜月部長=3)が、総合2位に相当する福島市長賞に輝く快挙を成し遂げた。

 中学校、高校、一般の3部門があり、今回は39都道府県と海外2カ国から過去2番目に多い126団体が参加した。18日から部門ごとに審査され、最終日の本選には各部門で金賞を受賞した上位5団体が出場。
 部員18人と小所帯の同愛好会は、全員が歌唱に回れるようにあえて指揮者を立てずにコンテストに臨んだ。高校部門を2位で通過し、本選では聖母マリアをたたえる「救い主のうるわしき母」などルネサンス期の声楽3曲を披露した。
 増子さんは「部員みんなで曲と向き合ってきた。指揮者を置かず、アイコンタクトで息を合わせるなど試行錯誤しながら練習を重ねた。それが評価されたことがうれしい」と笑顔で話した。

 声楽.JPG
 本選で歌声を響かせる合唱愛好会の部員(福島県文化振興課提供) 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.