校友・付属校ニュース  2016年04月25日 21:06

■芸術 日藝賞に中村、池松の両氏 新入生へ激励の言葉

 第10回「日藝賞」に歌舞伎俳優の中村獅童さん(43歳、1992年演劇学科入学)と俳優の池松壮亮さん(25歳、2013年映画学科卒)が選ばれ、授賞式が4月5日に芸術学部江古田校舎大ホールの入学歓迎式の中で行われた。

 中村さんは歌舞伎の名流家に生まれ、8歳のとき歌舞伎座で初舞台を踏むと同時に二代目中村獅童を襲名。これまでに「義経千本桜」の義経や「船弁慶」の弁慶など大役を務めた。映画やテレビドラマにも数多く出演しており、初出演の映画「ピンポン」では2003年の第26回日本アカデミー賞新人俳優賞などを獲得した。中村さんは「アートは夢を形にしている。夢を語り合い、実現するエネルギーを持って学校生活を楽しんでください」と新入生を激励した。
 池松さんは10歳のとき舞台ミュージカル「ライオンキング」のヤングシンバ役で俳優デビューした。14年に公開された映画「ぼくたちの家族」「愛の渦」「紙の月」の3作の総合評価で15年の第38回日本アカデミー賞新人俳優賞などを獲得した。池松さんは「大学生活が将来のためになることを心から願っています」とエールを送った。
 
 日芸賞.JPG
        入学歓迎式に登場した池松さん(左)と中村さん

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.