学術ニュース  2016年04月25日 20:42

■法 新5号館に学生研究室集約 難関試験学習の場

 「125周年記念棟」として建設されていた法学部の新5号館がこのほど完成した。

 3、8号館に散在していた学生研究室を集約し、司法試験や税理士試験など難関の国家試験合格を目指す学生の学習の場として活用される。
 地上10階地下1階の鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造で、延べ床面積は2990・49平方㍍。1階に研究事務課、2階に司法科研究室事務室、国際交流センターがあり、3、4階は講堂として利用される。5階から9階に弁理士科、司法書士科、税理士科、公認会計士科、行政科、司法科の各研究室が設けられ、計約300人分の学習机を用意した。

 新5号館.JPG
 学生研究室として利用される

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.