総合ニュース  2016年04月25日 19:54

■危機管理 スポーツ科 学部合同で開校式 両学部長が新入生へエール

 ことし開設された危機管理学部とスポーツ科学部の開校式が4月2日、2学部の新入生計715人と田中英壽理事長、大塚吉兵衛学長、本学理事である鴨下一郎衆議院議員らが出席して三軒茶屋キャンパスで行われた。

 遠藤利明東京五輪担当相が祝辞を述べ、菅義偉内閣官房長官や馳浩文部科学相らの祝電が代読された。新入生を代表し、危機管理学部の黒田沙織さんが宣誓した。
 大塚学長は「日本の安全やスポーツ立国の実現に貢献できる人材を育てたい」と両学部への期待を表明、田中理事長は「栄えある第1期生の皆さんは、学部の礎となり未来を示す光となる」と激励した。
 福田弥夫危機管理学部長は「知徳体バランスのよい人物になるために、知識を身に付け、心と体を鍛えてほしい」と述べ、小山裕三スポーツ科学部長は「勝つことに執念を持ち、勝つため、勝たせるためにどうすればよいかを常に考えてほしい」とあいさつした。

 開校式.JPG
     黒田さんは両学部長と握手した

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.