校友・付属校ニュース  2016年03月25日 19:26

■自転車 アジア選手権 近谷、窪木が出場 団体追い抜き日本新の2位

 自転車のアジア選手権が1月19日から30日まで静岡県伊豆ベロドロームなどで開催され、男子4㌔団体追い抜き(4人)で近谷涼(24歳、2015年経済卒=三和シャッター/マトリックスパワータグ)と窪木一茂(26歳、12年文理卒=NIPPOビニファンティニ)が入った日本代表が4分5秒637で2位に入った。

 1回戦で従来の日本記録を3秒縮める4分3秒819をたたき出した日本代表は、決勝で3連覇を狙う中国と対戦。序盤リードしたが、終盤の先頭交代の際に乱れたあおりでペースを落とし逆転を許した。
 日本はことし12月にドイツで行われる世界選手権とリオデジャネイロ五輪への出場を逃した。
 1周11・2㌔のコースを4周してタイムを競うロードレース個人タイムトライアルは、増田成幸(34歳、08年理工卒=宇都宮ブリッツェン)が1時間29秒44で4位入賞を果たした。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.