校友・付属校ニュース  2016年03月25日 19:24

■大相撲 OB2人が新入幕 明瀬山、苦節8年の幕内

 大相撲の明瀬山(木瀬部屋、本名・深尾光彦=2008年経済卒)と大翔丸(追手風部屋、本名・川端翔伍=10年経済入学)が2月29日に相撲協会が発表した新番付で新入幕を果たした。

 08年の初場所で初土俵を踏んだ明瀬山は、十両5枚目で迎えたことしの初場所を8勝7敗で勝ち越し、幕内力士に出世。所要48場所での出世は、学生相撲出身者として第4位のスロー記録となる。
 大翔丸は大学4年生のときにアマチュア横綱に輝き、14年の春場所で幕下15枚目格付け出しでデビュー。15年の春場所で十両に昇進した。ことしの初場所では10勝5敗の好成績を挙げ、新入幕を果たした。
 明瀬山と大翔丸は今月13日から春場所に出場している。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.