総合ニュース  2016年03月25日 18:14

■三軒茶屋キャンパス メーン校舎お披露目 大塚学長「将来の看板学部に」

 4月に開設する危機管理学部とスポーツ科学部のメーン校舎となる三軒茶屋キャンパス1号館がこのほど完成、2月24日に竣工(しゅんこう)式が行われた。

 竣工式では田中英壽理事長、大塚?兵衛学長らによるテープカットの後、竣工修祓(しゅうばつ)式と内覧会が行われた。3階はバスケットボールコート2面分のアリーナ、地下2階は25㍍プールや柔道場、相撲場など体育施設を備える。
 1号館食堂での竣工祝賀会には、本学関係者ら約150人が参加。田中理事長は「テロや自然災害など日本も油断できない時代となった。危機管理学部の重要性は増していく。スポーツ科学部では五輪出場選手を育成し、『スポーツ日大』の復活を目指す」とあいさつ。大塚学長は「2学部とも重要な役割の分野。将来的には本学の看板学部にしたい」と述べた。
 1号館は2013年9月に着工、ことし1月に完成した。地上8階地下2階建ての鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)で、延べ床面積は4万1811・25平方㍍。
 新学部開設は1988年の薬学部以来28年ぶり。創立130周年記念事業の一環で、危機管理学部は危機管理、スポーツ科学部は競技スポーツの各1学科が置かれる。
 
 竣工式.JPG
            田中理事長らがテープカットを行った
  

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.