スポーツニュース  2016年01月29日 21:26

■フェンシング 全日本 男子エペ団体初優勝 エース山田の活躍で逆転

 フェンシングの全日本選手権が昨年12月に岩手県の一関市総合体育館などで行われ、本学は男子エペ団体で初優勝を果たした。

 同フルーレは準優勝だった。
 個人では、女子フルーレの草野広美(26歳、2012年文理卒=ネクサス)が3位。男子エペの成田遼介(法4=岡山・玉野光南高)は6位だった。
 大山聖人(経済4=三重・海星高)、成田、山田優(文理3=同・鳥羽高)、北村知丈(法1=東京学館新潟高)で臨んだ男子エペ団体は、決勝で慶大と対戦。8番手終了時点で38―39とリードされたが、最後はエースの山田が相手の剣をはじいて懐を突く技などで45―41と逆転した。

Wエース躍動 ○…成田、山田のダブルエースが約2カ月ぶりにそろい踏みし本学男子エペ団体の歴史に金字塔を打ち立てた。(・・・続きは本紙1・2月合併号へ)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.