サークルニュース  2016年01月29日 20:52

■フォーミュラレース スーパーFJ日本一決定戦 川合、初の鈴鹿5位

 自動車のフォーミュラレース「スーパーFJ日本一決定戦」が昨年12月5、6日に三重県の鈴鹿サーキットで行われた。

 もてぎシリーズで優勝した本学生産工学部の川合孝汰(機械工3=ル・ボーセ・フォーミュラアカデミー)は、初出場で5位に入賞した。
 川合は5日の予選を4位で通過。10周で優勝を争う6日の決勝は、1周目の第2コーナーでコースを飛び出し11番手まで落ちたが、5周目に4番手まで追い上げた。しかし8周目に鈴鹿での優勝経験がある八巻渉(モレキュールアキランドイーグル)に抜かれ、5位でゴールした。
 スーパーFJは、F1を頂点とするフォーミュラレースの上から5番目のカテゴリー。今大会は「スーパーFJ地方選手権」各シリーズのチャンピオンらが集った。川合は鈴鹿未経験者の中では最上位だった。
 川合の話 憧れの鈴鹿で戦えてよかった。今後は一つ上のカテゴリー、F4でのデビューを目指したい。

 鈴鹿.jpg
      初めての鈴鹿で決勝の舞台に進んだ川合

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.