校友・付属校ニュース  2016年01月29日 20:13

■チアダンス 全日本 付属2校が上位入賞 三島高、息の合った演技披露 

 チアダンスの全日本選手権が昨年11月28日に東京都渋谷区の東京体育館で開催された。

 Pom部門高校生Medium編成に出場した三島高「Pinky Cherries」が同率ながら初の準優勝を果たし、同部門高校生Large編成では日大二高「ARCHERS」が3位に入った。
 チアダンスは、チアリーディングのダンス部分を独立させた競技で、組み体操のような動作は含まない。同大会は、4部門を高校、大学、一般団体などの、さまざまな区分ごとに順位を競う。高校生のみPom部門は人数によって3編成に分かれる。
 「Pinky Cherries」はラインダンスなどにミスはあったが、息の合った演技を披露した。82・75点(満点100)で伊奈学園総合高(埼玉)「FLAISEAS」と2位を分け合った。「ARCHERS」はラインダンスで高得点を出したが、ダンスの細かいばらつきで減点され連覇を逃した。
 「Pinky Cherries」の安本眞尋チアパート長(2)は「昨年は関東予選で敗退した。全日本2位はとてもうれしい」と話した。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.