校友・付属校ニュース  2016年01月29日 20:07

■射撃 全日本 松本が3姿勢V 女子は湯浅制す

 射撃の全日本選手権が昨年11月27日から29日まで大阪府能勢町の国体記念スポーツセンターで行われ、松本崇志(32歳、2006年法卒=自衛隊体育学校)が男子50㍍ライフル3姿勢(120発)で優勝。

 連覇が懸かった同10㍍エア・ライフル(60発)は3位だった。女子50㍍ライフル3姿勢(60発)は湯浅菜月(23歳、15年経済卒=ALSOK)が優勝、古野本真希(31歳、07年芸術卒=日立システムズ)が2位に入った。
 松本は50㍍ライフル3姿勢の決勝進出の8人を選ぶ本選では、前回覇者の山下敏和(自衛隊体育学校)に及ばず2位だったが、決勝では山下を下してこの種目初制覇を果たした。湯浅は本選を3位通過し、決勝で古野本に競り勝った。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.