学術ニュース  2016年01月29日 19:36

■剣翔関が十両昇進 伝統の化粧まわしを贈呈

 大相撲初場所での十両昇進が決まった剣翔(追手風部屋、本名・安彦剣太郎=2013年文理卒)に昨年12月21日、化粧まわしが贈られた。

 贈呈式は日本大学会館で行われ、田中英壽理事長、大塚吉兵衛学長らが出席した。
 田中理事長は「プロ力士としてけがをしない身体をつくることが大切。これからも稽古に励むように」と激励。剣翔関は「伝統ある化粧まわしを頂き感無量。これからも頑張りたい」と応えた。
 剣翔関は在学中、3年生から主力として活躍。14年初場所で初土俵を踏み幕下筆頭で迎えた昨年の九州場所を5勝2敗の好成績で終え、十両昇進を決めた。

 剣翔.JPG
       大塚学長も剣翔関(左)を激励

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.