総合ニュース  2015年12月12日 21:25

■アグリビジネス創出フェア 本学の開発成果示す コンブ入りソーセージも   

 農林水産業や食品に関する最新技術を公開し実用化を目指す「アグリビジネス創出フェア」が11月18日から20日まで、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催された。

 18日は、生物資源科学部の陶慧専任講師(食品工学)が同学部7学科の研究者で進めている「フードイノベーション」の一環として開発した「早採りコンブ入りソーセージ」を紹介。通常2年で収穫するところを、4カ月で収穫したコンブを練りこんだソーセージで、無添加で低カロリーの上、コンブに粘着性があるため結着剤として使う添加物「リン酸塩」を使わない利点がある。商品開発を目指し11月上旬に特許を出願した。
 生物資源科学部はこのほかに、南米アンデス原産の穀物「キノア」で作ったクッキーを、理工学部は食用菊「モッテノホカ」を展示した。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.