総合ニュース  2015年12月12日 21:24

■歯 尾崎教授に厚労相表彰 歯の健康増進活動に貢献

 歯学部の尾崎哲則教授(社会歯科学)がこのほど、母子保健家族計画事業功労者として厚生労働大臣から表彰された。

 今回は、尾崎教授を含む60人が表彰された。
 尾崎教授は、厚生労働省が国民の健康増進に関する指針として策定した「健康日本21」の専門委員として全国で子どもや高齢者の口腔(こうくう)の健康を調査し、政策立案に協力してきたほか、各地の小学校などで虫歯予防授業を行うなど国民の歯や口の健康増進に長年携わってきた。
 尾崎教授は「経済格差が広がる中で、低所得層の子どもの歯の健康維持が問題となっている。これまで以上に歯・口の健康づくりを推進し、国民全体の健康増進に取り組みたい」と話した。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.