サークルニュース  2015年12月10日 15:20

■文理 落語研究会 「らくごまつり」に参加 漫才のラインズに「色物賞」

 落語芸術協会主催のファン感謝祭「芸協らくごまつり」が10月18日に東京都新宿区の芸能花伝舎で開催され「大学対抗落研トライアスロン」というイベントに文理学部落語研究会(今村義一会長=地理3)のメンバー2人が参加した。

 落語以外の芸能を意味する「色物部門」に出場した文理落研の丸山駿さん(英文4)と文教大4年の丸山琢人さんのコンビ「ラインズ」が、漫才で同部門賞を受賞した。
 ラインズは、スキー場でいかに理想の告白をするかを題材にした「恋がしたい」というネタを披露。審査に当たった漫才師東京丸さん(69)は「文句なしで優勝。テレビでも通用するが、漫才ばかりでなく勉強も怠らないように」と講評し笑いを誘った。
 丸山駿さんは「プロに褒めてもらって光栄です。コンビ結成3年目にして初めてもらった賞なので、とてもうれしい」と話した。
 今村さんは飯喰亭鯖寿司(めしくいていさばずし)の高座名で出演。得意演目の「あくび指南」を演じ、会場を沸かせた。

   落語.JPG
丸山駿さん(右)の鋭い突っ込みがテンポを生んだ

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.