スポーツニュース  2015年12月10日 14:26

■フェンシング 関東学生 エース不在響く 男子団体V逃す

 フェンシングの関東学生選手権が10月下旬に東京都世田谷区の駒沢体育館であり、本学は女子エペ団体の2位、男子フルーレ個人の舩元誠志郎(法4=熊本・翔陽高)の2位が最高だった。

 女子エペ団体決勝は、5、6月の2大会の決勝で苦杯を喫した早大に32―45で押し切られ、またも優勝を阻まれた。
 舩元は男子フルーレ個人決勝で法大の長島徳幸(4)に敗れた。エース山田優(文理3=三重・鳥羽高)を欠いた男子エペ団体も4位に終わり連覇を逃した。
 山崎茂樹監督の話 男女とも団体で勝てなくて残念。男子エペ団体は山田の不在が響いた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.