スポーツニュース  2015年10月26日 20:11

■飛び込み 日本選手権 池田1㍍飛び板準V 大塚は高飛び込みで4位

 飛び込みの日本選手権が9月18日から20日まで東京都江東区の辰巳国際水泳場で行われ、男子1㍍飛び板飛び込みの池田匠見(文理3=高松工芸高)が2位、男子高飛び込みの大塚千誠(経済2=浜松修学舎高)が4位に入った。

 池田は1本目の前宙返り3回転半抱え型で45・00点と伸び悩んだが、2本目の前宙返り2回半1回ひねりえび型を完璧に決めるなど巻き返し、5本目終了時点でトップの須山晴貴(松江DC)に2・65点差に迫った。しかし、最終6本目は点数が伸びなかった。
 大塚は決勝で4本目の前逆宙返り3回半抱え型で81・60の高得点を出すなど安定した演技を見せた。
 大塚は11月の国際大会派遣選手選考会に向けて「あと1カ月、倒立などの調整をしてミスのない演技をしたい」と話した。

 飛び込み.JPG
      大塚は最終6本目でも高得点を出した

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.