スポーツニュース  2015年10月26日 20:08

■空手 関東大学 男女共に3位入賞 いずれも帝京大に敗れる

 空手の関東大学選手権が10月12日に東京・九段の日本武道館で行われ、本学は男女共に団体組手で3位に入賞した。

 男子は3回戦で法大と対戦し、2勝2敗1分けで同点となったが得点が1上回り接戦を制した。準決勝では前回王者の帝京大に挑んだが、先ぽう、次ほうが連敗。中堅の比嘉弘輝(商4=沖縄・普天間高)は一進一退の攻防の中で7―6とリードして終盤を迎えたが、残り3秒で上段蹴りを決められ7―9の逆転負け。
 女子は準決勝で帝京大と対戦。先ぽうの多田野彩香(同=千葉・柏日体高)は突きで先制したが残り5秒で同点に追い付かれ引き分けた。続く中堅、大将が連敗し0―2で敗退した。
 比嘉の話 結果はストレート負けで悔しいが、一人一人が日大らしい突きで点を取る空手ができた。突きの力強さをもっと磨き、確実に点を取れるようにしたい。
 
 空手.JPG
  早大戦で突きを繰り出す比嘉
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.