サークルニュース  2015年10月26日 19:25

■国際関係 女子硬式野球 関東リーグ終了 2部8位で残留

 女子硬式野球の関東リーグ(ヴィーナスリーグ)は9月23日に全試合が終了、2部の国際関係学部女子硬式野球部(奥川友実子主将=国際総合政策2)は5勝6敗1分で13チーム中8位で2部に残留した。

 同部は昨年4月に創部。監督、部員とも1人の小所帯だったため同リーグには加盟できなかったが、ことし4月に新入生10人が加わったことで念願の加盟を果たした。同リーグは3部まであり、大学だけでなく中高、一般の37チームが加盟している。
 坪内瞳監督の話 悔しい結果だが、やっとできたチームで最後まで戦えたことがなによりうれしい。今季は守備が弱く攻撃力でしのいだが、投手陣も力を付けてきた。守備練習に力を入れ、頂点に立てるチームに育てたい。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.