スポーツニュース  2015年09月24日 16:10

■全日本 かじなし4人スカル4連覇 エイト雪辱果たす

 ボートの全日本選手権が9月10日から13日まで、埼玉県戸田市の戸田ボートコース(2000㍍)で行われ、本学は8種目中4種目で決勝に進出。

 男子エイトと同かじなし4人スカルで優勝を果たした。
 同エイトの決勝は、昨年の大会で敗れた明治安田生命、全日本大学選手権(インカレ)で10連覇を阻まれた早大と因縁のチームが名を連ねた。本学はインカレの反省から序盤は他艇の様子を見つつ、1000㍍過ぎから突き放すレースプランを立てた。本番は思い描いた通りのレース展開で、一度も首位を譲ることなく2位の明治安田生命以下に大差をつけ雪辱を果たした。
 レース後、荒木祥太(法4=福井・美方高)は「長く、強く、大きくを意識して臨んだ。日大全員でつかんだ勝利」と満面の笑みで振り返った。
 1年生3人と2年生1人と若いクルーで挑戦した同かじなし4人スカルは、この種目で史上初の4連覇を果たした。入谷玲音(文理1=浜松西高)は「4連覇に貢献できてうれしい。10月の新人戦でも結果を出したい」と話した。
 3位スタートだった同かじ付きペアは、終盤に追い上げを見せたものの1位の早大に一歩及ばなかった。同かじなしフォアは序盤の遅れが響き3位に終わった。

 ボート全日本.JPG
        圧巻の漕ぎで優勝したエイトのクルーは、喜びを爆発させた

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.