スポーツニュース  2015年09月24日 15:29

■レスリング 山本が最優秀選手 全日本学生で5階級制す 

 レスリングの全日本学生選手権が8月18日から21日まで東京都世田谷区の駒沢体育館で行われ、本学は男子フリースタイルと女子の16階級中5階級を制した。

 男子フリースタイルでは97㌔級の山本康稀(経済4=埼玉・花咲徳栄高)が全試合無失点でテクニカルフォール勝ちし、3連覇を果たした。山本は最優秀選手に贈られる文部科学大臣杯を受賞した。
 女子は48㌔級の矢後佑華(同=東京・安部学院高)が2回戦でことしの世界ジュニア選手権で優勝した五十嵐未帆(至学館大1)を6―4で下し、続く準決勝、決勝をフォールで勝利し初優勝を果たした。69㌔級の古市雅子(文理1=同)は決勝で高橋寿奈(同1=千葉・木更津総合高)との同門対決をテクニカルフォールで制し初優勝。60㌔級の坂野結衣(同3=東京・安部学院高)、75㌔級の阿部梨乃(法3=同)はそれぞれ連覇を達成した。

 世界Jr.2階級V
 世界ジュニア選手権が8月11日から16日までブラジルであり、女子67㌔級で古市が連覇、同72㌔級で阿部が2年ぶり優勝。古市は2011~13年の世界カデット選手権でも優勝しており、世界大会を5年連続制した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.