校友・付属校ニュース  2015年09月24日 14:23

■山形高 一輪車片足50㍍を制す 阿部、世界大会出場へ

 日本一輪車協会が主催する「2015さわやか全日本一輪車競技大会」が7月26日、東京都江戸川区陸上競技場で開かれ、中学生以上が出場する片足50㍍男子で山形高の阿部雄人(3)が7秒80(日本記録7秒45)の好タイムで優勝した。

 これにより、来年8月にスペインで開かれる世界大会への出場権を得た。
 一輪車競技は両足でこぐ100㍍、400㍍、リレーなどのほか、距離50㍍の片足こぎがある。最初の5㍍で勢いをつけ、残り45㍍は左右どちらかの脚でこぐというユニークな種目だ。
 阿部が一輪車と出会ったのは小学2年生のとき。スキーのコーチの勧めでトレーニングの一環として始めた。翌年からは各種大会に出場し小学生部門で何度も優勝。中学時代も上位入賞を続けた。
 高校ではスキー部に所属。蔵王山の標高700㍍以上にある寮で生活し、スキー練習の合間に一輪車の練習を続けてきた。来年の世界大会に向け「ほかの人より時間がない分、山にいる環境を生かした練習で世界に挑戦したい」と話した。
 
 一輪車阿部.JPG
  阿部は7秒80の好タイムでゴール

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.