総合ニュース  2015年08月17日 17:48

■通教生の夏、幕開け 集夏祭で林真理子さんが講演

 通信教育部の夏期スクーリングが8月1日から21日までの日程で始まった。全国各地から集った2407人(8月5日現在)が、連日続く酷暑を上回る熱気で講義に臨む。(本紙4面に関連記事)

 ことしは131講座を開講する。通信教育部のキャンパスは昨年9月に東京・市ケ谷に移転したが、ほとんどの授業は例年通り法学部で実施される。
 通信教育部の学友会(吉崎悟会長=文理・文〈英文〉4)が中心になって8月5、8、19日の3日間開催される集夏祭のテーマは「『和(=輪)~なごみ~』もっとあつい夏へ!」。全学生の心を輪のように丸く囲んで一つの家のようにしたいという思いを込めた。8日は学生同士の親睦を深めるために100人が参加する懇親会が開かれる。19日には法学部10号館1011講堂で小説家の林真理子さん(1976年芸術卒)が「私の仕事から」と題し講演を行う。
 集夏祭実行委員長の野村和孝さん(文理・文〈英文〉4)は「8日の懇親会は当日受け付けも行う。全国の仲間と交流できる絶好の機会なので積極的に参加してほしい」と呼び掛けた。


 特待生決まる
 
 2015年度の通信教育部特待生、奨学生が決まった。
 内訳は次の通り(敬称略)
 ▼甲種 西内節子(文理・文〈英文〉2)
 ▼乙種 好本陽子(法・法律4) 小山美紀子(法・政治経済2) 角田茉奈(文理・文〈国文〉3) 福本美恵子(同・文〈英文〉4) 福島万里(同・哲2) 高山邦夫(同・史4) 松村英一郎(経済・経済3) 宮崎みゆき(商・商業4)
 ▼奨学生 保科健太郎(法・法律2) 尾上エミ子(文理・文〈国文〉4) 浅賀美帆(同・文〈英文〉3) 野坂匡樹(同・史3) 佐々木忠孝(経済・経済4)
 ▼坂東奨学生 相良屋衣都(文理・史3)
 
 通教大.JPG
       法学部で行われた対面授業に臨む通教生たち

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.