総合ニュース  2015年08月17日 17:39

■助成金など証書授与 特別研究を含む26件対象に

 2015年度学術研究助成金などの証書授与式が7月13日に日本大学会館大講堂で行われた。

 学術研究助成金交付の対象は総合研究18件、高校の部一般研究3件。また、今年度から始まる第2期の理事長特別研究3件、学長特別研究2件の各代表者にも証書が授与された。授与に当たって大塚?兵衛学長は「学術研究の進展はもちろん、若手研究者の育成にも尽力してほしい」と話し、田中英壽理事長は「どの研究課題も本学の発展や豊かな社会の構築に寄与するものと確信している」と述べた。これに対して、受領者代表の肥田不二夫芸術学部教授(インダストリアルデザイン)は「格段の励ましであり、重責を痛感している。探究心を忘れず、真摯(しんし)に取り組みたい」とあいさつした。
 授与式終了後、市川家国・信州大特任教授が「全ての研究者にグローバル・スタンダードを」と題して講演、学術研究を取り巻く国内外の現状を紹介し、研究者の倫理教育の重要性を語った。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.