スポーツニュース  2015年08月17日 16:01

■空手 全日本学生 比嘉男子組手で準優勝 女子組手の多田野3位入賞 

 空手の全日本学生選手権が7月5日に東京・九段の日本武道館で開かれ、男子組手で比嘉弘輝(商4=沖縄・普天間高)が準優勝、女子組手で多田野彩香(商4=千葉・柏日体高)が3位入賞を果たした。

 準々決勝で先制した比嘉は、中盤に逆転されたが、終了間際に突きを決め再逆転、7―6で接戦を制した。葭矢雄太(近大3)との準決勝では終盤にリードされたが、残り1秒で突きを決めて追い付き判定勝ち。西村拳(同2)との決勝は、相手の懐に入れないまま4点を先行され、終盤に突きで巻き返しを図ったが2―5で敗れた。
 多田野は準決勝で昨年の世界選手権61㌔級3位の染谷真有美(帝京大4)と対戦。先制を許した多田野は、中盤に中段蹴りを決め同点としたが、終盤に突きを決められ2―3で敗れた。
 多田野の話 3位はうれしいが、もう1勝して決勝まで戦いたかった。反省を生かし、秋の二つの団体戦で優勝したい。

 激戦競り勝つ ○…大会2カ月前の関東学生選手権で初優勝を飾った比嘉は、今大会でも快進撃を続け、準優勝を手にした。(・・・続きは本紙7月号へ)

 空手.JPG
           試合終盤に強さを見せた比嘉

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.