スポーツニュース  2015年08月17日 15:57

■バドミントン 関東学生 岡村、山村組が頂点 決勝をストレートで制す

 バドミントンの関東学生選手権が6月5日から7月5日まで、神奈川県平塚市の東海大湘南キャンパスなどで開催された。

 本学は男子ダブルスの岡村翼(法3=青森・東奥学園高)、山村祐樹(法2=埼玉栄高)組が初優勝を果たした。同種目の山崎真央(法2=東京・淑徳巣鴨高)、西豊(法1=福島・富岡高)組、同シングルスの谷口友章(法2=富山・高岡第一高)はベスト8。
 岡村、山村組は準決勝までの5試合全てを2―0のストレートで勝ち上がった。準決勝では第1ゲームを落としたが、山村の力強いスマッシュなどで第2、3ゲームを連取した。
 決勝はラリーで相手のミスを誘い第1ゲームを制した。第2ゲームは、岡村、山村共に強力なスマッシュを決めるなど積極的な攻撃を展開。21―19で制し、ストレートで優勝を決めた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.