スポーツニュース  2015年06月22日 20:31

■フェンシング 全日本学生王座 早大に敗れ女子エペ2位 男子2種目で準V      

 フェンシングの全日本学生王座決定戦が6月7日に京都府乙訓郡の大山崎町体育館で行われ、連覇が懸かっていた男子フルーレ、エペ共2位に終わった。

 女子エペは決勝で5月の関東学生リーグでも敗れた早大に再び苦杯を喫した。
 成田遼介(法4=岡山・玉野光南高)、山田優(文理3=三重・鳥羽高)、大山聖人(経済4=同・海星高)、北村知丈(法1=東京学館新潟高)で臨んだ男子エペは、初戦で愛工大に45―31と快勝したが、決勝で慶大に44―45で惜敗した。同フルーレは決勝で法大に33―45と大敗。
 横井七恵(商4=大分・豊府高)、鈴木穂波(文理3=静岡・沼津西高)、黒木夢(商3=福岡・魁誠高)、高木真由子(文理2=付属三島高)で臨んだ女子エペの決勝は、カウンター狙いで前に出ようとしない早大を崩し切れず、30―37で敗れた。

スタイル貫く ○…女子エペ団体は5月の関東学生リーグに続き、またしても早大に優勝を阻まれた。(・・・続きは本紙6月号へ)

 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.