スポーツニュース  2015年06月22日 20:10

■バレーボール 春季リーグ フルセットで専大に惜敗 38年ぶり1部ならず     

 男子バレーボールの春季関東大学リーグ1、2部入れ替え戦が、5月30日に東京都世田谷区の駒大玉川キャンパスで行われ、2部2位の本学は1部11位の専大にフルセットの末、2―3で敗れた。

 本学が入れ替え戦に臨んだのは17年ぶり。昇格すれば、38年ぶりの1部復帰だった。
 エース郡浩也(文理2=大阪・都島工高)を中心に得点を重ねフルセットまで持ち込んだが、一歩及ばなかった。
 リーグの敢闘選手賞に主将の石井琢也(経済4=東京・東洋高)、セッター賞に細田寛人(商3=同・東亜学園高)が選ばれた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.