サークルニュース  2015年06月22日 19:56

■トライアスロン 日本学生スプリング 有薗が女子個人準V 団体は男女共に3位入賞       

 トライアスロンの日本学生スプリング選手権が5月17日に群馬県板倉町の渡良瀬遊水地で行われ、本学トライアスロンサークル、ウルトラ(越川進平主将=文理・体育3)所属の有薗早優(理工・建築2)が女子個人で準優勝した。

 男子個人は佐藤謙太郎(大学院文学研究科教育学専攻博士前期課程2)の5位が最高。各チーム上位3人の合計タイムで争った団体は男子が5時間55分52秒、女子が7時間1分30秒で共に3位に入った。
 大会はスイム1・5㌔、バイク40㌔、ラン10㌔で行われた。有薗はスイムで10位と出遅れたが、バイクで4位に浮上。「自信があった」という最後のランはトップタイムでゴールした。総合タイムは2時間11分8秒だった。
 有薗の話 初出場の大会で準優勝という結果を出せてうれしい。ランは前半を抑えて徐々にペースを上げるよう意識した。今後は8月末の日本学生選手権を目標に、苦手のスイムを強化して序盤から上位争いをしたい。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.