学術ニュース  2015年06月22日 19:30

■下水汚泥からリン酸塩回収 遠山准教授が紹介

 大学などが環境に関する研究を発表する「2015NEW環境展」が5月26日から29日まで、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催された。

 本学は産官学連携知財センター(NUBIC)を通じ、理工など6学部がポスター展示を行った。
 理工学部の遠山岳史・准教授(無機材料化学)は、下水道の汚泥からリン酸塩を回収する方法を紹介。リン酸塩は化学肥料などで用いられるが、国内では産出しない。遠山准教授の方法は、生活排水由来のリン酸塩を大量に含む汚泥から簡単に低コストでリン酸塩の回収が可能になるという。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.