スポーツニュース  2015年05月25日 18:23

■重量挙げ 全日本学生選抜 105㌔級持田が大学新 自己記録15㌔更新で連覇     

 重量挙げの全日本学生選抜大会が4月18、19日に埼玉県上尾市のスポーツ総合センターで行われ、男子105㌔級の持田龍之輔(文理4=山梨・吉田高)がトータル380㌔の大学新記録で連覇した。

 同85㌔級の青野靖希(同3=宮崎・佐土原高)はトータル293㌔で2位だった。
 持田は、スナッチ2回目で大会新の165㌔を上げ、3回目で従来の大学記録を3㌔上回る168㌔を持ち上げた。クリーン&ジャークは202㌔、207㌔を連続で成功させ、3回目に自身の大学記録より2㌔重い212㌔に挑戦。バーベルを高々と突き上げ成功させ、自身のトータルの大学記録を15㌔更新した。
 青野はトップと7㌔差をつけられたクリーン&ジャークの3回目で173㌔に挑戦し逆転を狙ったが、失敗した。

リオへ、好発進 ○…来年のリオ五輪出場を狙う持田が11月の世界選手権に向け好スタートを切った。(・・・続きは本紙5月号へ)
  
 重量挙げ.jpg
           クリーン&ジャーク3回目で212㌔を成功させた持田

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.