スポーツニュース  2015年05月25日 18:15

■自転車 東日本学生 6種目で3位以内 団体追い抜き僅差で敗れる

 自転車の東日本学生選手権が5月9、10日に山梨県笛吹市の境川自転車競技場で行われ、本学は8種目中6種目で表彰台に上った。

 男子4000㍍団体追い抜きの佐々木真也(経済3=横浜高)、岡本隼(文理2=和歌山北高)、森口寛己(同2=同)、草場啓吾(同1=京都・北桑田高)組は、予選で4分21秒880の好タイムを出し決勝へ進出。坂本紘規(同1=青森・八戸工高)を佐々木と入れ替えて臨んだ法大との決勝は中盤までリードしたが、終盤に2選手が遅れ0・093秒の僅差で敗れた。同個人追い抜きは昨年準優勝の森口が積極的な走りで4分47秒165の好タイムを出したが、1位の鈴木康平(法大3)に0・282秒及ばなかった。
 1周4000㍍のトラックを60周し、5周ごとに順位を計測して合計点を競うポイントレースは16点を獲得した草場が2位。13点の吉田悠人(同3=栃木・作新学院高)は3位だった。

 自転車.jpg
             団体追い抜きは法大に逆転を許した

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.