スポーツニュース  2015年05月25日 18:12

■ボクシング ライトフライ級の坪井が銅 初の国際大会で健闘

 ボクシングのプレジデントカップ国際トーナメントが4月19日から25日までインドネシアのパレンバンで開催され、ライトフライ級の坪井智也(商2=浜松工高)が初の国際大会で銅メダルを獲得した。

 フィリピン人選手との初戦は、相手の威力のあるパンチにアウトボクシングで対応して判定勝ち。インドネシア人選手との次戦は、隙をうかがいながらポイントを稼いで乗り切った。準決勝は、防御が得意なマレーシア人選手が相手だったが、一発を警戒するあまり、攻め切れず判定負けを喫した。
 坪井の話 初戦で左目の上を切り、その後の試合で積極性を欠いた。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.