校友・付属校ニュース  2015年05月25日 17:53

■松本清張賞など相次ぎ受賞 額賀さん作家デビュー

 芸術学部文芸学科を2013年に卒業した会社員額賀澪さん(24)の小説がこのほど、日本文学振興会の松本清張賞と小学館の小学館文庫小説賞を相次いで受賞した。

 受賞作はいずれも来月26日に単行本として出版されることになっており、額賀さんにとって本格的な作家デビューとなる。
 茨城県行方市出身の額賀さんは高校3年生で全国高校文芸コンクールで優秀賞を受賞し、作家を志した。本学在学中は高校3年生まで暮らした故郷の経験を基に若者の心の機微を軽妙に描く独自の作風を確立。本社主催の日大文芸賞の佳作に2度入選している。
 今回清張賞を受賞した「ウインドノーツ」は「屋上のウインドノーツ」と改題して文芸春秋社から、小学館文庫小説賞の「ヒトリコ」は小学館から出版される。
 「ウインドノーツ」は高校吹奏楽部の男女が大会出場を目指して練習する中で成長する姿を描いた。「ヒトリコ」は高校の合唱コンクールを舞台にした男女の交流を描いた青春小説。
 【本紙2面に関連記事】

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.