学術ニュース  2015年05月25日 16:52

■文理 下高井戸に副駅名標 ホーム11カ所、利便性図る

 文理学部の最寄り駅である京王電鉄下高井戸駅に、3月29日から「日本大学文理学部最寄駅」と記した副駅名標板が設置された。

 設置されたのは上りホーム5カ所と下りホーム6カ所の計11カ所。同電鉄は昨年から駅に地元の施設名などを表示することで利用者の利便を図る目的で、副駅名標を掲示する事業を進めてきた。
 下高井戸駅は1913年に京王電気軌道の駅として開業。38年には日大前駅と改称されたが、44年には再び下高井戸駅に戻った。
 現在の駅名に変更後、近隣住民や卒業生からは駅名の復活を望む声が上がっていた。そこで今回、副駅名標板を設置することになった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.