サークルニュース  2015年04月24日 11:47

■文理 落語研究会 「チーム飛び蹴り」準優勝 大学生のお笑い大会

 日本一面白い学生お笑いサークルを決定する「NOROSHI2015presentedby大学芸会」でこのほど、文理学部落語研究会の「チーム飛び蹴り」が準優勝した。

 お笑いサークル所属の大学生で構成する3人以上のチームがトーナメント形式で漫才、コント、ピンの3種目を競った。27大学140組がエントリーし、8組が3月9日に東京都新宿区内で行われた決勝に出場した。
 チーム飛び蹴りは決勝大会で、UFOと信号機を勘違いするネタやボクシングを題材にしたコントを披露。全体の完成度が高いと評価された。
 チーム飛び蹴りは山本陽平さん(文理・ドイツ文4)、中川諒さん(22歳、2015年文理卒)と他大学の2人で構成。
 山本さんは「素晴らしい舞台で漫才ができ思い出になった」と話した。

 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.