校友・付属校ニュース  2015年03月31日 14:23

■日本アカデミー賞 本学OB3人に栄誉 周防さん、柴崎さんに最優秀賞

 第38回日本アカデミー賞の授賞式が2月27日に東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、商学部商業学科出身の作曲家周防義和さん(61歳、1978年卒)が映画「舞妓はレディ」の劇中音楽で最優秀音楽賞を受賞した。

 周防さんの最優秀音楽賞受賞は「Shall we ダンス?」(97年)以来、2度目。
 また、芸術学部映画学科出身の撮影技師柴崎幸三さん(57歳、81年卒)が「永遠の0」で最優秀撮影賞を受賞した。柴崎さんの最優秀撮影賞受賞も「ALWAYS 三丁目の夕日」(2006年)以来2度目。さらに、同学科出身の俳優池松壮亮さん(24歳、13年卒)が新人俳優賞を受賞した。
 「舞妓はレディ」は、舞妓に憧れて、京都のお茶屋世界に飛び込んだ少女の成長を描いた物語。歌唱とダンスを要所に織り込んだミュージカル調の作品となった。映画の劇中音楽の製作期間は通常2カ月ほどだが、この作品は俳優の声質に合わせるミュージカル曲も多く、全曲完成まで約1年を要した。
 周防さんは「ミュージカルなので音楽が骨格の映画。こうした映画に長期間携わることができてやりがいを感じた。その上、最優秀音楽賞を受賞できてとてもうれしい」と語った。
 
 P4.jpg
           周防義和さん
 柴崎さん.jpg
           柴崎幸三さん

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.