スポーツニュース  2015年02月03日 11:41

■レスリング 全日本 新川ら3人が表彰台 OG飯島は女子75㌔級準V

 レスリングの全日本選手権が昨年12月21日から23日まで東京都渋谷区の代々木第二体育館で行われた。

 男子フリースタイル70㌔級の新川武弥(経済4=京都・網野高)、女子63㌔級の村田夏南子(文理3=東京・安部学院高)、同75㌔級の阿部梨乃(法2=同)が3位に入賞した。
 本学出身者では同級の飯島千晶(24歳、2013年商卒=警視庁)が準優勝。男子フリースタイル86㌔級の松本真也(30歳、07年文理卒=同)が3位だった。
 大会初日は松本が準決勝で赤熊猶弥(自衛隊体育学校)に敗れた後、3位決定戦で永田裕城(26歳、11年文理卒=同)との同門対決を制した。飯島は準決勝で阿部との同門対決を制し、決勝で昨年の世界選手権7位の鈴木博恵(クリナップ)に2―7で敗れた。2日目は新川が準決勝で敗れた後、3位決定戦で横山太(おかやま山陽高教員)に勝利した。3日目の村田は準決勝で伊藤友莉香(自衛隊体育学校)と対戦。第1ピリオドにタックルで得点したが4―7で敗れた。その後、3位決定戦で佐藤喜歌(同)をテクニカルフォールで下した。
 新川の話 引退試合でメダルが取れた。今までで一番良い結果を出せて良かった。
 村田の話 攻める姿勢が足りなかった。一つ上の階級に変わったので、体作りをして次は勝ちたい。
 阿部の話 試合開始すぐに技をかけられてしまった。守りを強化してリベンジしたい。

レスリング.jpg
                 準決勝の第1ピリオドで得点する村田

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.