スポーツニュース  2014年12月12日 16:08

■柔道グランプリ 原沢、圧巻の内股 オール一本勝ちで決めた

 柔道のグランプリ青島が11月19日から21日まで中国の青島で行われ、男子100㌔超級に原沢久喜(法4=山口・早鞆高)が出場。オール一本勝ちで大会を制し、グランプリ初優勝を果たした。

 原沢は準決勝でドイツ代表を終盤の小外刈りで退け、決勝はアジア大会銀メダルのモンゴル代表と対戦した。原沢は開始直後から強敵相手に積極的な柔道を展開。開始15秒に得意の内股を鮮やかに決め、一本勝ちした。原沢は「優勝しか狙っていなかった。大会を通して、自分の持ち味である粘り強い柔道ができた。来年の世界選手権出場のために勝ち続ける」と語った。
 また、グランプリチェジュが27日から29日まで韓国・済州島の済州市で行われた。男子100㌔級にカヨル・レイズ(文理3=前橋育英高)、女子78㌔超級に滝川真央(法1=静岡・富士市立高)が出場したが、共に3位決定戦で敗れ5位に終わった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.